SCROLL DOWN
筆書

令和3年4月27日(火)湯沢南ロータリークラブ第2666回例会時のゲスト、菅原江里子さんに「筆書」をお願いいたしました。
菅原さんは、湯沢市の地域おこし協力隊として活躍され、川連町の蒔絵工房で伝統技術の習得を行うかたわら、伝統技術の蒔絵を使った「アートとしての漆器作品」を制作され、「橘麟(たちばなりん)」の作家名で、昨年8月にはART STUDIO RIN(アート スタジオ リン)を起業。
 工房を湯沢市内に構え、動物をモチーフにした作品が数多く、漆器のパネルに蒔絵の技術を使って「絵画」をほどこした作品は「現代アート」に近い仕上がり。
 漆は紫外線などの影響を受け、長い時間をかけて色に奥深さがでるそうで、
時間が経つにつれて色の変化も楽しめる菅原さんの作品は「使う」よりも「見る」漆器。
書道は7歳より始められ、競書誌“書友”子供・大人の部十段、日本武道館 全日本書初め大展覧会:日本武道館賞・奨励賞・秀作・特選、全県高校席書大会 1等
高野山書道協会弘法大師奉賛高野山競書大会 特選・高野山書道協会賞 日光東照宮四百年弐年大祭記念文墨奉納際 書道一般の部 入選 日光東照にて展示
(聞取り投稿 湯沢南RC 宮原育郎)

国際ロータリーホームページ
ロータリーの友
マイロータリー
ロータリー文庫
Rotary財団室NEWS LETTER
Rotary Zones 1&2&3 コーディネーターNEWS
ハイライトよねやま
バギオだより
地域とともに ~ロータリークラブの活動
ロータリーとは
ロータリー希望の風