SCROLL DOWN
みんなで行こう この道を

平成29年4月、秋田市を含む北前船ゆかりの全11の市町が、点在する文化財をストーリーで結び、歴史の魅力を伝える日本遺産「荒波を超えた男たちの夢が紡いだ異空間~北前船寄港地・船主集落」に認定されました。(平成30年5月、能代市、男鹿市、由利本荘市、にかほ市など27市町が追加認定されました) 江戸時代から明治にかけて、北海道・東北と西日本を結んだ日本海の西廻り航路は、経済の大動脈であり、この航路を利用した商船は、北前船と呼ばれました。
船の形としては、瀬戸内海で発達した弁財船が用いられました。 この模型は、日本遺産文化財・秋田街道絵巻(秋田市立千秋美術館所蔵)に描かれている姿をベースに、江戸時代後期の千石積(一升ビン 10 万本分)で全長が約30 m の北前船の一般的な姿を10分の1のサイズで復元したものです。荒波を切り裂く鋭い船首や堅牢な船体から日本海を行き交う勇壮な姿がイメージされます。

国際ロータリーホームページ
ロータリーの友
マイロータリー
ロータリー文庫
Rotary財団室NEWS LETTER
Rotary Zones 1&2&3 コーディネーターNEWS
ハイライトよねやま
バギオだより
地域とともに ~ロータリークラブの活動
ロータリーとは
ロータリー希望の風