SCROLL DOWN
コミミズク (ミミズク-木菟)

コミミズクは主に冬鳥として日本にやってきます。全長:38cm。草地、河川敷、海岸、埋立地などに飛来し、ネズミなどを捕ります。一般に、羽角のある種を総称して「ミミズク」と呼び、ミミズクを除くものを総称して「フクロウ」と呼びます。ミミズクは冬の季語。
※津谷さんは、コミミズクがお気に入りの野鳥のようで素敵な写真があります。津谷さんの紹介の方に掲載します。

国際ロータリーホームページ
なんでもご連絡ください。ガバナーに質問。できるだけ分かる範囲でお答えいたします。
ロータリーの友
マイロータリー
ロータリー文庫
Rotary財団室NEWS LETTER
Rotary Zones 1&2&3 コーディネーターNEWS
ハイライトよねやま
バギオだより
地域とともに ~ロータリークラブの活動
ロータリーとは
ロータリー希望の風