秋田中央ロータリークラブの活動案内

秋田中央ロータリークラブ 概要

創 立

1991年7月13日

承 認

1991年8月14日

事務局

秋田市中通7丁目2-1 ホテルメトロポリタン秋田内

例会場

秋田市中通7丁目2-1 ホテルメトロポリタン秋田内

電話番号

018-831-3331

FAX番号

018-831-3332

mail

akitachuo@rio.odn.ne.jp

例会日

金曜日(12:30 ~13:30)

初代会長

平澤善四郎:㈱平徳本店

ホームページアドレス

http://akitachuo.sakura.ne.jp/

2109年-2020年 会長方針

【新たな挑戦を通し 魅力あるクラブにしよう】

秋田中央ロータリークラブ 会長 阿部 大助

1 新しいことに挑戦しよう
 古来、日本では大陸や半島からもたらされた文化や技術に日本らしさを加えながら、より良い伝統を作り出してきました。その精神は、近代においても西洋から新しい文化や制度、技術を取り入れる時にも活かされてきました。
 我々日本人は米国で生まれたロータリークラブに日本らしさ・日本人らしさを取り込みながら、地域ごとあるいはクラブごとに特徴のある奉仕をしてきました。
 秋田中央ロータリークラブにおいても、様々な挑戦をしてきたことで現在のクラブが形成されています。より良いクラブとなるために、さらに新しいことに挑戦する必要があります。

2 新しい考え方をしてみよう
 ロータリーとは何か?
 ロータリーとはどのような人々か?
 ロータリーとは他の団体とどう違うのか?
 ロータリアンの活動は地域社会にどのようなインパクトをもたらしているのか?
 会員同士で話し合い、クラブとしての考え方を出してみたいと思います。ビジョンがより明確になれば、クラブ活動や会員増強の指針となるはずです。

3 新しい仲間を増やそう
 組織を維持するためだけではなく、会員の皆さんが感じているクラブの魅力を多くの方々と共有するためにも、会員増強は必要です。また、新しい仲間が増えることにより、新しい考え方や人脈など、ロータリークラブ活動にとって新しいことを挑戦する機会や可能性が増えるはずです。多くの仲間と魅力あるクラブにしていきましょう。

活動内容  Activity

ロータリーの主たる目的は地域社会、職場と世界中での奉仕です。ロータリアンは児童の危機、貧困、飢餓、環境など現代の最も危機的な多くの問題に対応するための地域社会奉仕プロジェクトを開発しています。さらに教育の機会、学生、教師その他専門職務の人たちの国際交換留学、職業訓練、研修開発など新生代に対するプログラムを支援しています。
また、会員同士の親睦を深めることを目的とした例会では、自分の職業以外の知識や最新の情報を卓和を通して得ることができます。
秋田中央ロータリークラブではこのような奉仕活動と親睦活動を行い、地域、世界への貢献を目指しています。

奉仕活動

・クリーンアップ例会
・図書寄贈事業
・秋田県立明徳館高校「生活体験発表大会」支援
・米山奨学事業

親睦活動

・年4回の夜例会
 (お花見例会・納涼例会・秋を食する例会・
  冬を食する例会)
・クリスマス家族例会
・親睦ゴルフ(雨天時:麻雀大会)