ロータリークラブの活動案内

秋田港ロータリークラブ 概要

会長(2022-2023)

山本 隆弘

幹事(2022~2023)

佐藤 久輝

創立

1963年9月27日

承認

1964年9月2日

チャーターナイト

1965年5月16日

チャーターメンバー

28名

スポンサークラブ

秋田ロータリークラブ

クラブ所在地

011-0946
秋田市土崎港中央1-6-33 
ホテル大和内

会員数

43名(2021年7月30日現在)

会員の平均年齢

64歳

例会場

ホテル大和

例会日・時間

毎週金曜日 12時30分から 

2022―23年度 会長の方針

秋田港ロータリークラブ
会長 山本隆弘

クラブテーマ「ロータリーを知る」  

2022ー23年度の会長を務めさせていただきます山本隆弘です。
自己紹介ですが、1969(昭和44)年10月東京都三鷹市の生まれ、平成17年10月に秋田市に来て弁護士登録をいたしました。当クラブへの入会は平成19年7月27日ですから、二女が生まれた翌日ということになります。二女も中学校三年生になりまして、ちょうど入会から今月で15年ということになりました。入会のきっかけは,当時の高田屋健次会長が中央ロータリーのチャーターメンバーで弁護士である木元愼一先生に弁護士の入会希望者がないか訊ねたところから始まりまして、事務所にも高田屋さんに来ていただいたりして入会させていただきました。
会長として1年間活動するにあたっての所信ということですが、なんと言っても高崎ガバナー年度ということでありますから、ホストクラブとして地区大会を開催する点について、皆様のご協力をお願いしたい。会長としてできる限りのことをさせていただきたく思っております。例会については、プログラム委員長の小玉久則先生からクラブ協議会の際には地区大会までは、地区大会のための例会開催も検討したいとのコメントをいただいたところでございます。袋詰め例会なんていうのもあるかもしれませんね。また、他にも地区大会に向けての進捗を報告してその後の進め方について意見を伺うような例会もあるかもしれません。
いずれにしても各会員の皆さんに情報が行き渡るような分かりやすいクラブ運営を進めて行きたいと思っておりますのでよろしくお願いいたします。
もう一つ、ガバナー年度であることから会員の増強については力を入れなければならないところであります。皆さん衛星クラブというのをお聞きになったことがありますでしょうか。志はあるけれどひとりで立ち上がるところまでは至らない、ロータリークラブの会費は高額でありなかなか支出するのが大変だといった人々を会員として迎え入れるべく設けられたクラブと理解してよいのだと思いますが、県内でもこのような制度の利用により会員増の取り組みが進んでいます。単に会員の数を増やせばよいわけではありません。志をもって一緒に進んでくれる人との出会いがあればいいなと思っています。会員増強に向けては,会員の皆様にもお力をお貸しいただき、新たな仲間を迎えることができれば良いと思っております。
それから、今年度は人のお話をたくさん聞きたいと思っています。ゲストスピーカーをたくさん招きたい。来週は早速司法修習生の玉田宗一郎さんのスピーチを予定しています。たくさんの人の話を聞いて世界を拡げてみたい。個人的な趣味ですみませんが、皆さんもこの人の話を聞いてみたいという希望がありましたら是非教えて下さい。
私も、今年度は「人を育てる」というテーマを据えて取り組もうと思っていたので、教育界を初めとして、いろいろな人にスピーチをお願いして回りたいと思っています。

さて,最近のことですが、今年度のクラブのテーマを決めなければならないということで、ついこの前まで「人を育てる」にしようと思っていたわけですが,「人を育てる」だとなんか偉そうなので「人を育てる(含自分)」にしようとしていた訳ですが、それすらも急遽変更です。今年は「ロータリーを知る」というテーマにいたしました。なんで急に変わったのか。先日のDL(ディスカッションリーダー)の研修に出て、私がロータリーのことが分かっていないことがよく分かったからです。これはマズい。特に職業奉仕が分からない。勉強しなくちゃ、ということで、これまた個人的趣味ですみませんが、先ずはロータリーについての理解を深めたいのであります。もちろん「人を育てる」というテーマも扱います。名だたる社長さん達がそろっている当クラブ。対談を企画して文字に起こして冊子にしたりして。おもしろいと思いませんか。
こんな感じで、今年度の活動はほぼ全て私の個人的な興味・知的好奇心から発しています。楽しいクラブ運営になるように努めますので、会員の皆様におかれましては多く出席をいただきますようにお願いいたします。