ロータリーレート2019年11月のレート

1ドル
108

嶋田 康子 ガバナーメッセージ Vol.5

ロータリアンの皆様

ガバナーとしての最重要行事、各クラブ公式訪問が10月で終了いたしました。
様々なクラブと出会い、マローニー会長方針を、皆様にしっかり伝えることが出来たのか少々疑問ですが、そこで、特に会長さんがこれからの夢を語り、大いに共感して1時間の会長幹事面談を超えてしまったクラブなど、私もたくさんの刺激を受け、今更ながら少し成長した気持ちです。

ところで、11月はロータリー財団月間です。ロータリー財団への寄付金は、秋田県は、特に2018-19年度において、一人あたり、約90ドルと、非常に少ないのが現実です。RIの今年の目標は、150ドルですが、私としましては、今年110ドル、そして5年かけて150ドルにしていかなければと思っています。
一人当たり150ドルを超えているクラブは、なおそれを維持しつつ、増加していただきたいのですが、特に金額が少ないクラブの皆様に、少しづつでもよいので増加してほしいとクラブ訪問でお願いいたしました。そして、財団の地区補助金を利用して、地域の奉仕活動に利用いたしましょう。特に地区補助金の申請がないクラブの皆様には、是非申請していただきたいと申しあげました。
寄付を増やし、しっかり地域の為に使う事こそ、ロータリー精神に合う事と思います。

さて11月9日・10日は、地区大会です。
今年のメインの講演者は、渡邊 篤太郎氏、講演内容は「はやぶさと打ち上げロケット。秋田県のかかわり」についてです。
はやぶさ2は、遠い「りゅうぐう」から、その任務を終えて地球に向かって帰ってきます。はやぶさ1のイトカワから持ち帰った岩石や、今回のミッション内容などに加え、渡邊様はロケットの権威であり、日本で一番先に秋田県で打ち上げられたペンシルロケットの話などなど、興味深い話が聞かれると思います。ロータリアンだけでなく、是非、子供たちにも聞かせたいと思います。地区大会を盛り上げるためには、たくさんのロータリアンの参加をお願いいたします。

今年度は、ガバナー・エレクト・ノミニー・デジクネートが、当地区として初めてそろう事になった記念すべき年であります。良い事は継続し、手を取り合って長期目標をたてて進んで行ければと思っております。
又、先般のワールドカップラグビーでは、多様性のある日本チームが、「ONE TEAM」の合言葉の元、一丸となって世界に通用する戦いをして勇気をくれました。クラブとしても、地区としても一緒のロータリーの目標に向かって一丸となって進みましょう!

RI会長からのメッージ 2019年11月

マーク・ダニエル・マローニー
2019-20年度会長
2019年11月
毎年11月に国連で開催されるロータリーデーは、国連とロータリーの歴史的な関係を教えてくれる大切な記念日です。2020年6月に国連憲章調印の75周年を迎える今年のロータリーデーは、例年以上に重みがあります。

なぜこの日を祝うのか、不思議に思われる方もいるかもしれません。ですが、1945年に国際連合が形成されたサンフランシスコ会議で重要な役割をロータリーが担ったことを思うと、私たちにとってこの日を祝うのはとても自然なことです。第二次世界大戦を通して、ロータリーは世界平和を守るためにそのような組織を設立することの重要性を雑誌で説いていました。

ロータリーは国連設立に一役買っただけでなく、その出版物は国連の理念を伝える大きな役目を果たしました。国連設立の計画について『The Rotarian』誌で何本もの記事を発表し、『From Here On!』という小冊子も出版。いよいよ国連憲章を起草となると、ロータリーは国連代表の諮問役としてほか41団体とともにサンフランシスコ会議に招かれました。

各団体が派遣する代表の人数は3名だったので、国際ロータリーの代表11名は交代で諮問役を務めました。ロータリーの公式代表には事務総長、現会長と数名の元会長、そして『The Rotarian』誌の編集長などが含まれます。さらに、アフリカ、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、南北アメリカ大陸のロータリアンが、各国代表の役や、自国代表の諮問役を務めました。

ロータリーと国連の長年にわたる深い関係は、祝い、称えるべき価値のあるものです。この関係を記念して、ロータリーはこれから6月までに5つの特別イベントを開催します。今月9日にはニューヨークの国連本部でのロータリーデー。来年はサンティアゴ(チリ)、パリ、ローマで会長主催平和会議を開催。ホノルルでのロータリー国際大会直前には最終イベントが企画されています。

本年度、国連との関係を取りあげるのは、過去を懐かしむだけでなく、未来への道を照らすものでもあります。重点分野におけるロータリーの活動と、国連の持続可能な開発目標(SDGs)を通じた活動には、それこそ数多くの共通点があります。SDGsは実に野心的なものですが、インスピレーションと方向性を与えてくれます。そして、長期にわたってよい変化を世界にもたらすことが実証済みのロータリーの目標と似通っているのです。これらの目標は実現可能なものですが、それもロータリーが熟知する長期的な取り組みと粘り強さがあってこそ。1団体では、世界中の人びとにきれいな水を提供することも、飢餓をなくすことも、ポリオを根絶することもできません。しかし、国連のようなパートナーと協力すれば、かならず実現できるのです。

ぜひ、5つの国連関連イベントのいずれかにご参加ください。年度を通して特別イベントの最新情報を皆さまに発信していきます。

ガバナー公式訪問レポート 10

本荘東ロータリークラブ

日 時:2019年8月19日 12時半~  
場 所:ホテルアイリス 真珠の間
会 長:猪 股 春 夫
幹 事:阿 部 郁 英

お盆明けの8月19日、当クラブの例会に、2540地区嶋田康子ガバナー、中区(本荘・由利分区)菊地衛ガバナー補佐、そして高橋誠地区副幹事の3名が公式訪問されました。

午前11時より、会長・幹事・会長エレクト面談がが行われ、ロータリーの活動に関する心のこもったご指導をいただきました。特に、会員増強やメール等の利用に関しては、改善すべき点が数多くあることがわかり、今後のRC活動に生かしたいと思います。
午後12時30分点鐘(ガバナーが金色の鐘をご持参いただきました)し、本年度第6回・通算1791回目・出席者14名の例会が開会しました。RCソング斉唱、4つテストの唱和の後、ガバナーはじめゲストを紹介し、開会しました。

昼食再開後、出席報告・ニコニコBOX報告などの後、嶋田康子ガバナーによる講和が行われました。Power Point を利用し、RI会長の方針を丁寧に説明していただくとともに、2540地区の方針についてもポイントをわかり易くご説明いただきました。特に風疹の問題は、緊急を要する大問題だと認識を新たにした次第です。

今回の例会においては、ゲストの皆様をはじめとして10件を超えるニコニコを頂くなど、和気あいあいとした当クラブの様子を見ていただけたかと思います。嶋田康子ガバナーの今後のご活躍をご祈念申し上げます。

猛暑の中おいでいただきありがとうございました。

本荘東RC会長 猪股春夫 記

ガバナー公式訪問レポート 25

秋田南ロータリークラブ

訪問日:2019年10月3日(木) 12時30分~
会 場:アキタパークホテル
会 長:加藤 憲成
幹 事:安達 豪樹

10月3日(木)、嶋田康子ガバナー、堀井潤ガバナー補佐、秋田北RC西村一英様をお迎えし、ガバナー公式訪問例会を開催いたしました。
例会に先立ち行われた会長幹事面談では、当クラブの現状報告に基づいて意見交換を行い、大変貴重なご助言をいただきました。SNSを活用してクラブの魅力を広め、会員増強に努めていきたいという目標や、月1回程度の夜例会の開催・定例ゴルフコンペの開催等で会員同士の親睦を深め、退会防止に努めているという点には、嶋田ガバナーよりお褒めの言葉をいただきました。
例会では、RIマローニ会長の目標、地区方針について、ポリオ撲滅・風疹抗体検査についてご講和をいただき、嶋田ガバナーの熱い想いに触れることができました。当クラブ会員にとって大変有意義な公式訪問であったことをご報告し、心より感謝申し上げます。

ガバナー公式訪問レポート 26

横手南ロータリークラブ

日 時:2019年10月8日(火) 11時よりガバナー面談
                12時30分より例会
会  場:松與会館
来訪者名簿:第2540地区 嶋田康子ガバナー、六鎗吉夫ガバナー補佐(西馬音内RC)、
秋田北RC辻康平君

会 長:佐々木 正義
幹 事:樫尾  正

面談内容

・会員増強を今年度5名目標として欲しい、当クラブ状況2名増・2名見込み
 中でも女性会員の増員を望みます。
・MY ROTARYへの登録率が低いので是非登録率を上げて欲しい
・奉仕活動は積極的に行われているようですので、大変望ましいです。加えて地域の方との連携を更にとって欲しい。
・ロータリー財団の寄付も行われていますので、是非財団補助を活用してもらいたい。
 ただ、申請が年度を跨ぐ形になるので当該年度と次年度とで連携を取ってもらいたい。
・ポリオ募金活動もお願いしたい。
・ホームページに登録していただいたので、更なる活用をお願いしたい。
 奉仕活動などの写真や事業紹介などをアップして欲しい。
・親睦活動や同好会活動を通して退会者の歯止めやクラブ内での円滑なコミュニケーションを図る活動として積極的に行って欲しい。
 また、同好会活動などは地域の方々と一緒に行う事により、ロータリークラブの理解をしていただく事と共に入会につながるように利用して欲しい。
・米山奨学生を受け入れるには色々と難しい部分があるが、できるだけ検討して欲しい。

この後、第2688回例会にて嶋田ガバナーの公式訪問例会を開催いたしました。
嶋田ガバナーからは「皆で脱皮し、新しい事に挑戦しよう」という地区テーマのもと、色々なご提言を頂きました。マローニーIR会長の「ロータリーは世界をつなぐ。」というテーマの確認や会員増強を目指したクラブのホームページの充実、会員のMY ROTARYへの登録、風しんの排除運動等のお願いがありました。
「船は港にいることが本来の目的ではない。我々も大いなる海原に出港すべき」とのお言葉をいただき、その通りと感じ行動することが大切と改めて思いました。

横手南ロータリークラブ
幹 事  樫 尾  正

ガバナー公式訪問レポート 27

横手ロータリークラブ

2019年10月9日(水)12時30分~
会場:横手セントラルホテル
会長:齊藤 實
幹事:木村 友光子

 令和元年10月9日(水)嶋田康子ガバナーの公式訪問としてお迎え致しました。
例会に先立ち嶋田ガバナー、六鎗ガバナー補佐、会長、幹事、そして会長エレクト、副幹事も同席し面談が行われました。
面談では事前に提出した2019-2020年度クラブ現況報告に基づいてお話しがあり、クラブセントラルへの年次目標の入力、ロータリー財団への寄付、世界ポリオデーへの理解と活動、会員増強と会員が退会防止策やマイロータリーへの登録、地区のホームページの立ち上げのお話しがあり、クラブの情報や取組みを発信してほしいとのお話しがありました。
そして地区委員の経験してほしいこと、地区の補助金を申請して事業を是非行ってほしい事などご指導頂きました。横手クラブの取組みと現況報告をしながらガバナーから提案、助言を頂ける有意義な時間となりました。
 
 例会はロータリー100周年記念「金の鐘」の点鐘で開会しました。RIマローニー会長のビデオメッセージを見せて頂き、嶋田ガバナーからご講話頂きました。
 「皆で脱皮し新しいことに挑戦しよう」をスローガンとして頑張っていきましょう、と例会を盛り上げて頂きました。
 
 最後になりますが、地区大会の盛会を祈念申し上げます。そして丁寧にご指導頂きましたことに感謝申し上げます。本日はお忙しい中、公式訪問にお越し頂きありがとうございました。

ガバナー公式訪問レポート 28

湯沢ロータリークラブ 会長 木村 貞昭

日 時:2019年10月10日(木)12時30分~
会 場:湯沢グランドホテル
会 長:木 村 貞 昭
幹 事:富 谷 栄 助

湯沢ロータリークラブのガバナーの公式訪問は10月10日に開催されました。

それに先立ち嶋田康子ガバナーと六鎗吉夫ガバナー補佐による会長・幹事面談が実施され多くの示唆に富む指導がありました。
湯沢ロータリークラブの活動計画書から、「少年の主張大会の主催」や「市内3高校の生徒に対する奨学金贈呈事業」を実施していることに関し、多彩な奉仕活動が実施できているとお褒めの言葉もいただきました。地区補助金に関しても毎年活用していることに関しては、継続して実施していくよう指導されました。又、2540地区のホームページの地区内クラブサイトには是非参加して欲しいとの事で早速準備を開始する事にしました。

例会では嶋田ガバナーの講話に先立ち新入会員の入会式があり、直接、嶋田ガバナーからクラブバッチや4つのテストを授与していただくという機会が持てました。嶋田ガバナーの熱い気持ちは当クラブの会員の心に確実に伝わったと思います。全員との写真撮影や今年度入会の女性会員との写真撮影もあり、あっという間の公式訪問でした。遠路の訪問誠にありがとうございました。

ガバナー公式訪問レポート 30

秋田ロータリークラブ 副幹事 松本 大

日 時:2019年10月16日12時30分~
会 場:秋田キャッスルホテル
会 長:佐 藤 裕 之
幹 事:松 村 譲 裕

10月16日(水)嶋田ガバナー、堀井ガバナー補佐、渡邊地区幹事、西村地区大会実行副委員長をお迎えし、ガバナー公式訪問例会が開催されました。例会に先駆けての会長幹事面談においては地区としての方針のご説明、会員増強について意見が交わされました。又、事前アンケートに基づき、秋田ロータリークラブの活動の確認、評価、ご助言を頂戴しました。特にローターアクトクラブの設立実現に向けての活動、ザンビア・ブリッジ企画支援プロジェクトについても今後の進め方について期待を戴きました。

例会においてはRIテーマ、方針に基づきご講話を戴き、地区の模範となるクラブとして期待されている事をお話されました。戴いた方針、ご助言を踏まえ1年間活動してまいりたいと思います。

ガバナー公式訪問レポート 31

秋田港ロータリークラブ 会長 畠山敏美/

日 時:2019年10月18日(金)12時30分~
会 場:ホテル大和
会 長:畠 山 敏 美
幹 事:筒 井 節 子

10月18日、秋晴れのもと、嶋田康子ガバナーが11時からの会長幹事面談予定より30分も早く会場入りをして下さいました。おかげで例会場のホテル大和社長の佐渡谷会員と佐藤事務局と私とで面談前の歓談ができました(笑)。ガバナーに就任してからのエピソード、失敗談も気さくに話してくださり、堀井ガバナー補佐が到着されたころには、ラグビーの話で大盛り上がりでした。その後の気を引き締めての会長幹事面談では事前アンケートに沿って堀井ガバナー補佐が進行を務められ、クラブの奉仕活動、会員増強、募金について報告しましたが、「秋田港クラブさんの地域密着の奉仕はすばらしいことだと思います」という言葉をおっしゃって頂き、恐縮しながらもとても嬉しく、改めて今後もこれまでの活動を続けていきたいと強く思いました。

例会ではパワーポイントに合わせてマローニRI会長の今年のRIテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」のお話しや嶋田ガバナーの地区方針「皆で脱皮し、新しい事に挑戦しよう!」について内容を掘り下げて説明してくださいました。地区内の会員のマイロータリーへの登録が少ないことを気にやんでおられるようでしたので、当クラブでは早速義実に開催したインフォーマルミーティングでマニュアルを配布しました。今後登録人数を増やしたいと思います。地区副幹事の小野貴信様からは地区大会のPRもして頂きました。最後に、当クラブ推薦で地区からの承認を頂いた高崎恒夫会員のガバナーノミニーデジクネートの書類提出が日本で1番最初だったとRIから報告が来たことを嶋田ガバナーが話され、拍手喝采で無事公式訪問を終了しました。

嶋田ガバナー、堀井ガバナー補佐、小野地区副幹事、大変ありがとうございました。 

ガバナー公式訪問レポート 32

秋田東ロータリークラブ 会長 佐藤 文信

日 時:2019年11月21日(月) 12時30分~
会 場:秋田ビューホテル
会 長:佐 藤 文 信
幹 事:鈴 木  充

2019年11月21日(月)、公式訪問が行われました。
 例会に先立ち会長幹事面談を行い、クラブの現況を説明させていただき、クラブセントラルの目標値やマイロータリーへの会員登録の推進などについて意見交換しアドバイスをいただきました。
 
例会では、国際協議会でのマーク・ダニエル・マローニーRI会長のスピーチを紹介していただき、今年度の国際ロータリーのテーマ「ロータリーは世界をつなぐ」についてと地区の方針、風疹予防の取り組みなどの講話をいただきました。
嶋田ガバナーからのご指導のもと、「皆で脱皮し新しい事に挑戦しよう」をスローガンに精進して参ります。
貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました。

ガバナー公式訪問レポート 33

西馬音内ロータリークラブ

会 長:後 藤 忠 保

稲川ロータリークラブ

会 長:佐 藤 祥 一

湯沢南ロータリークラブ

会 長:山 内 雄 司

西馬音内RC・湯沢南RC・稲川RC 合同例会

日 時:2019年10月23日(水)18時
会 場:湯沢ロイヤルホテル

クラブ:西馬音内ロータリークラブ
会 長:後藤 忠保
幹 事:小坂 大輔

クラブ:湯沢南ロータリークラブ
会 長:山内 雄司
幹 事:松下 康央(高橋 俊市幹事の代理として)

クラブ:稲川ロータリークラブ
会 長:佐藤 祥一
幹 事:斎藤雄太郎

即位の礼正殿の儀の翌日10月23日(水)、嶋田康子ガバナー、六鎗吉夫ガバナー補佐をお迎えし西馬音内RC・湯沢南RC・稲川RC三クラブ合同の公式訪問が行われました。

例会に先立ち各クラブ毎に会長幹事面談が行われ、現況報告書に基づいて会員増強、奉仕活動、親睦活動などについてご指導をいただきました。会員増強では、具体的にクラブ内でチーム分けして増強を競われた例などのお話をいただき熱くご指導いただきました。また当地区の西馬音内RCが既に立ち上げられている地区のホームページに触れられ、その必要性をご自身のアメリカでの体験を交え説かれ、その為にはまず、マイ ロータリーヘ登録し、クラブセントラルに目標を入力するべき旨をご指導いただきました。

合同例会では、ご講話をいただきました。冒頭、 マローニーRI会長のDVDを視聴した後、地区方針を話していただき、より活力あるクラブになるにはダイバーシティーや議論の日の重要さなどをお話いただきました。ご同行の秋田北RCの荻原慎太郎会員から地区大会のPRの後、三クラブ合同の歓迎懇親会にもご参加いただきました。

ガバナー公式訪問レポート 34

秋田中央ロータリークラブ 幹事 佐々木 徹

日 時:2019年10月25日(金)12時30分~
会 場:ホテルメトロポリタン秋田

会 長:阿 部 大 助
幹 事:佐々木  徹

10月25日(金)、秋田中央ロータリークラブへ嶋田康子ガバナーが公式訪問してくださいました。当クラブの阿部大助会長、中村瑞樹会長エレクト、猿田正幸副幹事、幹事の私との面談を11時より約1時間行いました。
おおよそ20の項目について、当クラブの現状を報告するとともに、ガバナーから地区の状況や国際ロータリーの方針や目標について、都度説明がありました。特に、会員増強については、女性や若い人の勧誘について様々な示唆に富んだ提案を受けました。また、家族をロータリー活動に巻き込むことや、委員会活動の活性化、若い人が意見を言える場を設ける必要性を説かれました。さらに次年度のロータリー財団の補助金が潤沢であることを踏まえ、こういう会議にエレクトや副幹事が出席していることを喜んでいただきました。

例会においても、RI会長マローニー氏のスピーチを紹介いただくなど、たくさんの教育的講和をいただきました。特に、My ROTARYの登録率を向上させるようにお話がありました。積極的なガバナーのお話に会員一同頷きながら聞き入っており、大変有意義な例会となりました。
また、同行いただいた小野貴信地区副幹事には地区大会についてPRいただきました。

新会員のご紹介  ようこそロータリーへ

秋田南ロータリークラブ
佐 藤  守 
職業分類:建築業
勤務先:(株)ベストリペア
役 職:代表取締役
紹介者:北 嶋 洋一
入会日:8月1日

湯沢ロータリークラブ
清水川  隆
職業分類:建築設計
勤務先:(有)創建築設計事務所
役 職:代表取締役 所長
紹介者:小田原 豊満
入会日:10月1日

秋田東ロータリークラブ
三 國 晋一郎 
職業分類:石油販売
勤務先:三國商事(株)
役 職:専務取締役
紹介者:小野寺 正臣
入会日:10月7日

MPHF紹介

嶋田 康子

秋田北ロータリークラブ
表彰分類:MPHF1回目
入会年度:1996年11月5日
2008~2009年 会長
2013年    ポールハリスフェロー
2019~2020年 RI第2540地区ガバナー

ガバナーコーナー

私の猫コレクション

無邪気に遊ぶ2匹の子猫
これは、デンマークで購入したもので、ドイツ語でハンドメイドとなっており、ROYALと王冠のマークがあるが、ロイヤルコペンハーゲンとは、関係ないようで、作者の名前が、良く読めない!
でも、この子猫のかわいらしさにひかれました。

私 の 本 棚

「椿山課長の七日間 」 浅田 次郎 著 
働き盛りの46歳で突然死した椿山和明が、家族に別れを告げるため7日間だけ現世に舞い戻った話。一緒に現世に帰る4人の話、どれも泣けます。親子の絆・無償の愛・人と人との縁など、笑いの中で涙を禁じ得ない数々のエピソード。

2019-2020年度 会員数増減及び出席率 9月末現在

ロータリーの友
ロータリー文庫