ロータリーレート2023年12月のレート

1ドル
147

潟上市の出戸浜海岸

RI会長のメッセージ

2023-24年度 RI会長
ゴードン R. マッキナリー

2023-2024年度 RI 会長 ゴードン R. マッキナリー

RI会長メッセージ

ゴードン R. マッキナリー
2023-24年度会長
2023年12月
私は、12月にドバイ(アラブ首長国連邦)で開催される国連気候変動枠組条約第28回締約国会議(COP28)に出席します。そこで、気候とメンタルヘルスという二つの世界的な危機のつながりについて話す予定です。世界保健機関(WHO)が指摘しているように、気候変動は、家や生活の混乱など、精神衛生上の問題のリスク要因を悪化させると言われています。災害による精神的な苦痛により、回復と立ち直りが難しくなります。

ロータリーのパートナーであるシェルターボックスは、国際的な災害救援慈善団体であり、緊急避難所、必需品、技術サポートを提供し、約100カ国で250万人以上の避難民を支援してきました。今月のメッセージでは、シェルターボックスCEOのサンジ・スリカンサンさんのお話を紹介したいと思います。スリカンサンさんは、災害を表す言葉を選ぶことが重要であると説明しています

— ゴードン・マッキナリー

「自然」災害という用語は、熱帯暴風雨、洪水、地震、火山噴火を表すために長い間使われてきましたが、現在では、この用語を急速に変えていく必要があります。「自然」というと無害に聞こえるかもしれませんが、私たちは必ずしもこの用語を正しく使ってきたわけではありません。被災地での活動を通じて学んだのは、この用語が、こうした甚大な被害は防ぎようがないものだいう危険な迷信を作りだしてしまっているということです。このような誤解を招く有害な考えは、支援を必要とする人びとを助けるための行動の欠如につながる可能性があります。

つまり、私たちが使用する言葉は重要であるということです。災害を「自然」として見なすと、自然と人間の行動の複雑な相互作用や、それが世界中の地域社会にどのような影響を与えるかについての認識が難くなってしまいます。

地震、津波、火山噴火、強烈な嵐、干ばつ、洪水は地球における自然なプロセスとして発生します。しかし、これらの出来事が人や環境にどのような影響を与えるかによって、「災害」であるかどうかが決まります。この場合の「災害」とは、人びとが住む場所、家の種類、政情不安、弱い立場にある人たちを守るための積極的な措置の欠如といった人間的な要素によって影響を受ける結果を指します。つまり、災害とはリソースや権力へのアクセスにおける体系的な不平等の結果だということです。私たちがどこに住み、どれだけのお金を持っているかが、しばしば回復力を左右します。最も影響を受けているのは、貧困の中で暮らしている人びとであり、自らを守る手段がほとんどなく、次の出来事に耐えるための手段もほとんどありません。 

これらの出来事を「自然」なものと見なすことで、私たちは弱い立場にある地域社会を守るための積極的な措置の必要性を弱め、疎外された恵まれない地域社会に大きな影響を与えている社会的、経済的、政治的な不安といった根底にある問題を覆い隠してしまうのです。私たちのチームは、不平等、貧困、都市化、森林破壊、気候危機などの問題がどのように地域社会を脆弱化しているかを目の当たりにしています。

シェルターボックスでは、単に「災害」と表現する場合もあれば、極端な天気、地震、津波、火山噴火をより具体的に表現する場合もあります。これまでのやり方をやめて、なぜ人びとが甚大な被害を被っているかを正しく反映する言葉の使用を心掛けていただくことを皆さまに強くお願いいたします。

そうすることで初めて、脆弱性の根底にある原因に取り組み、被災した地域社会を守るために必要な投資、リソース、積極的な措置を講じて、すべての人にとってより公正で公平な未来に向けて取り組む道が開かれます。

「災害」は自然のものではありません。「自然」という表現はやめましょう。

サンジ・スリカンサン
シェルターボックスCEO

ガバナーメッセージ 12月

国際ロータリー2540地区2023-24年度ガバナー
淡路 徹

12月疾病予防と治療月間
国際ロータリーは、2023年12月を「疾病予防と治療月間」とし、ゴードン R. マッキナリーRI会長は、ポリオ撲滅とメンタルヘルスについての活動を呼びかけています。
12月8―9日大阪地区大会に参加した日、2011~2015年までの5ヶ年間 東日本大震災被災孤児支援「海を越える友情の手」を共に活動頂いた守口ロータリークラブさんに表敬訪問した際、国道一号守口八島交差点の大看板です。
    


看板の専門家でも驚くほどの大きさで感動しました。私の後ろに守口ロータリーと明記されていました。
さて、昨年度高崎直前ガバナーがカーペイントをして全県を回られたこともあり2023-24年度も自家用車にペイントをして県内を回っています。


  
2点目のメンタルヘルスについて、ガバナー公式訪問の際「4つの奉仕」を説明しました。東日本大震災の時、気付いた「絆の輪」思いやり 心くばり 心遣い「4つの奉仕心」の内の三つが、メンタルヘルスです。1 そばに居て共感し寄り添う心のつながり 2 同じ苦境の人々が情報共有し支えいたわりあう心の支え3 問題を抱える人と解決しようとする人を結び付け 解決を補助する心。 この三つが苦境にある方々を救う手だてです。 日本はもちろん世界には戦争や紛争そして大規模災害等で心に深い傷を負い、その苦しみを外に出せない人々が多数おります。RI会長は心の傷に気付いた活動を求めているのです。

秋田豪雨支援金男鹿市への贈呈式 2023.11.21

< 目録贈呈 >
左から
男鹿北RC 会長 斉藤 英一
男鹿市長 菅原 広二
男鹿RC 会長 笹渕 信子

< 感謝状受領 >
左から
男鹿北RC 会長 斉藤 英一
男鹿市長 菅原 広二
男鹿RC 会長 笹渕 信子

< 出席者集合 >
左から
男鹿市総務部長 鈴木 健
男鹿北RC 幹事代理 菅原 昇
男鹿北RC 会長 斉藤 英一
男鹿市長 菅原 広二
男鹿RC 会長 笹渕 信子
男鹿RC 幹事 三浦 明美
北区ガバナー補佐 原田 富男

秋田豪雨支援金仙北市への贈呈式2023.12.14(角館RC)

秋田豪雨支援金上小阿仁村への贈呈式 2023.12.15(鷹巣RC)

秋田豪雨支援金北秋田市への贈呈式 2023.12.18(鷹巣RC)

秋田豪雨災害支援金の御礼と報告について

秋田豪雨災害支援金 御礼と報告 (PDF版)

秋田豪雨災害支援金贈呈一覧(PDF版)

2023年12月30日
国際ロータリー第2540地区
ロータリークラブ会員 各位
国際ロータリー第2540地区
2023-2024年度
ガバナー 淡路  徹
秋田豪雨災害支援金の御礼と報告について
拝啓 師走の候、皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
この度の秋田豪雨災害は、記録的大雨により全県25市町村の6割が災害救助法適用となるなど、深刻な被害をもたらしました。一刻も早い復旧を図るため国内全地区及び地区内各クラブへ災害支援金をお願いしましたところ、各地区をはじめ多くの有志のロータリアンの皆様からも迅速な善意が寄せられました。
支援金は、最も被害が大きく生活再建支援法の指定となった秋田市へ10月18日に2,300万円、同じく五城目町に 1,100万円を贈呈致しました。
さらに、11月17日からは災害救助法指定の12市町村へ順次、各100万円を贈呈し、12月18日をもって滞りなく終えることができました。11月末日現在の支援金総額は50,454,258円にのぼり、このうち当地区の支援金は全クラブから寄せられ、総額は1,982,000円となっております。改めて心より御礼申し上げます。
残高は、秋田県社会福祉協議会が創設予定の「災害活動支援基金(仮称)」に贈呈する予定です。
いまだ被災者は生活再建も道半ばで、これから厳しい冬を迎えようとしております。ロータリーの善意が少しでも力になれれば幸いと思っております。
皆様の温かいご支援、ご協力に厚く感謝を申し上げ、報告とさせていただきます。

2540地区 現・次期ガバナー補佐合同会議 ガバナー挨拶

2540地区 現・次期ガバナー補佐合同会議 ガバナー挨拶  
日 時 2023年12月22日(金)
11:00~14:00
場 所 ブルーメッセあきた
ガバナーに就任して気づいたことは「3タイリョク」が必要だということです。態度の「態力」、忍耐の「耐力」、そしてからだの「体力」です。さらに必要だとすれば「気力」だと感じています。
ガバナー年度も半年が過ぎてしまいました。 
今年度早々、ゴードンマッキナリーRI会長のテーマ「世界に希望を生み出そう」のもと、地区スローガンは「一人ひとりの奉仕が光を灯しみんなの明りに」を掲げ、地区大会前に42クラブへの公式訪問を行うことが出来ました。現ガバナー補佐の皆様に感謝申し上げます。
この間、秋田豪雨支援でも皆様には大変お世話になりました。各市町村の議会が12月ということで、その前に支援金をお届けすることにご尽力、ご協力を賜わりました。重ねて感謝申し上げます。
来月、佐藤ガバナーエレクトがオーランドへ行き、国際協議会を経て次期ガバナーに承認されます。そして次期ガバナー補佐はそのガバナーエレクトを支える役割です。
このガバナー補佐合同会議は、地区最大の課題を皆が共有し、20024-2025年度に備える会議です。何卒、ガバナー補佐の役割を認識し、ご理解頂き、担当の各クラブの現況をガバナーに伝えて頂きたいのです。又、現ガバナー補佐から次期ガバナー補佐各位へも伝えて頂きたいのです。
他地区を訪問した際のロータリー活動を見聞きし、感じたことをお伝えします。それは20年後30年後の地域づくりを見据えて活動しようとしている姿でした。RI2540地区はこの点が欠けていると思います。そしてまた、そうした会員を増やすことが今、求められているのです。この後、各分区でIMが開催されます。何卒ガバナー補佐・次期ガバナー補佐12人の英知を結集頂き、20年後30年後を語れるロータリアンを増やし、ロータリークラブを変化させて頂きたいのです。
併せて、今後各分区で会員増強連絡協議会を予定しています。そのキーメンバーもまたガバナー補佐の皆様です。IMの担当ガバナー補佐、各分区会員増強連絡協議者担当ガバナー補佐、それをサポートする次期ガバナー補佐と、皆が役割分担し取り組んで頂きたいのです。分区の継続した連携を宜しくお願い申し上げます。
今年度の会員数の地区目標は10万人当たり130名(1万人当たり13名)です。達成すれば、全国34地区で上位3位となります。
北海道東部紋別市に伺った際、紋別市は約2万人で会員数は2クラブで60会員を目指していました。とても驚きました。すでにやっているクラブ、その地域を学ぶべきと思います。20年先30年先を考えるロータリー活動です。
工藤智教さんがガバナー年度に連絡協議会で「新会員へメッセージのプレゼント」があれば良いとご発言があったことを思い出しました。
是非今期、各分区のIMの際に2023年から入会された新会員へガバナーからの入会祝メッセージをお届けしたいと思っております。現・次期ガバナー補佐の皆様から、どのようなメッセージが良いかご提案頂きたく存じます。
1/10迄にガバナー事務所へお寄せ下さい。
何卒ご理解を賜り、ガバナー及びガバナーエレクト・ガバナーノミニーにお力をお貸し願いたく存じます。長い挨拶となりました。本日は、誠にありがとうございます。

物故会員

秋田RC 西村(にしむら) 紀一郎(きいちろう)
2023年11月29日ご逝去(享年84歳)
1973年7月 入会
2008-2009年度 会長
MPF
ここに哀悼の意を表し謹んでお悔やみ申し上げます

ガバナー月信2023年12月号(PDF版)

ガバナー月信2023年12月号(PDF版)

トップページの画像説明

ロータリーの友
ロータリー文庫