第3159回 例会の様子です〈2024年2月6日(火)〉

大曲 2024年2月6日

 

 

《 本日のお客さま、青少年交換留学生トーマス君 》

 開会の点鍾、君が代・ロータリーソング斉唱、ハンドシェイク、開会宣言、
本日のお客さま青少年交換留学生トーマス君を紹介させていただき、会長の時間です。
その後、食事の時間、幹事報告、ニコニコ発表と進め、本日のプログラム・月間スピーチへとうつりました。
 
        《 例会場の様子 》
 
  《 国際奉仕小委員会 伊藤委員長のスピーチの様子 》
 
 大曲ロータリークラブでは、アフリカ大陸南部に位置するザンビアという国へ医療支援を行なっています。
秋田大学医学部出身の宮地医師の志を応援するために始まった支援です。あらためて、ザンビアがどのような
国なのかを紐解いてくださり、かの国の歴史や日本との関係など理解を深めました。
充分な医療が行き届かないザンビアの地方在住者を救うため実際に現地へ向かい医療支援行なってきた医師。
日本から首都ルサカまでの空路が25時間40分かかるため、なかなか継続的に向かうことは困難ですが、
医師の想いを微力ながら共に支えて行きたいとあらためて決意する機会となりました。
 
 月間スピーチは上記のような内容で、規定時間ジャストで閉会いたしました。
 
《 月初めの例会なので誕生日等の会員にお祝いを渡しました 》