ロータリーレート2020年10月のレート

1ドル
105

工藤 智教ガバナー メッセージ vol.4

メイクアップは楽しい、ロータリーの視野を広げる

メイクアップはロータリー独自の制度だと想う。世界のロータリークラブ例会に出席できるのだ。メイクしたクラブ会員と旧知のように会話し、情報交換し、文化交流ができる。私は出張地域のロータリークラブを調べて出かけることにしている。

当時の岡山南ロータリークラブ例会場は岡山国際ホテル、市内中心部から離れれた小高い場所にある。受付に3人いて、例会場はガヤガヤ大人数が居る様子。IMかなと思ったけれど、恐る恐る声をかけた。やあー、よくいらっしゃいました。この出席用紙に書いてください。提出した会員証を見ようともしない。通常例会とのこと、会員数103人。大舘南は32人、ビックリ。私に与えられえた席の隣に、幹事が会員2人を連れて来た。玉野市のお寺住職だという。私が住職と知っての気配り、優しい歓迎だ。幹事の号令で5サークルに分かれた。会長が次年度ガバナーに就任するので、準備を進めているのだという。会長は私を紹介し、遠い秋田から来訪したからと、バナーがプレゼントされた。会長卓話は、「会員数を4名増やそう。107以上にしないと、順位が下がるぞ」と会員に発破をかけた。

終わって、ホテルを出て景色を楽しみながら下り坂を歩いていたら、側に車が止まり、乗れという。市電の乗車ホームで下ろしていただいた。

京都南ロータリークラブにメイク。例会場は駅前のホテル。ホテル名は失念。会場内は明るい。受付女性が、私が住職と知って、本日の卓話者を紹介してくれた。臨済宗の宗務総長でした。宗務総長自身もロータリアンで、少し会話をしたのですが緊張していて何を話したのか思い出しません。宗務総長の立場は偉いんですから、修行中の私が近づける存在ではないのです。でも、このようなチャンス、ロータリー会員にはあるのです。

東京上野公園内の精養軒はいくつかのクラブが例会場に使っている。隣合わせた80代の男性もメイクに来たという。私の在所は大館だと紹介したら、大舘は行ったことがある。大変な歓待を受けて良い印象を持っているとのこと。仕事で海外に出たときのエピソードを話してくれた。

約束の場所への移動は列車にした。発車までまだ早いと思い車内に入らずホームでブラブラしていたら出発合図もなく列車は出ていってしまった。約束の面会時間に間に合わせるにはどうするか。考えた方法は、飛行機をチャーターし、到着飛行場に自動車を待機させて、客先の会社に走る。この作戦大成功で、客との約束を守ったと話す。ロータリアンは約束を守らねばならんぞと諭してくれた。このような体験が聞けるのもロータリー会員の特権ですね。

失敗もあります。平戸ロータリー昼例会にメイクしようと会場に行きました。誰も来ません。大舘の事務所で調べてもらいましたら、夜例会とのこと。私は夕方までに佐世保に移動しなければならなかったので、出席は断念しました。事前調べをしなかった失敗です。

さあ、皆さんもメイクを楽しみ、視野を広げましょう。

RI会長のメッセージ

2020-2021年度 RI会長 ホルガー・クナーク

2020年10月

先日、ロータリアンとローターアクターとZoomミーティングを行ったのですが、画面上の皆さんの笑顔を見つめながら、ロータリーが短期間でどれほど大きな変化を遂げたかを思わされました。ロータリーが”オールド・ノーマル”(以前の常識)に二度と戻ることがないのははっきりしています。それは、胸躍るチャンスだと思うのです。

ロータリーを見直し、作り直す中で、革新と変化があらゆるレベルで起こっています。新たな柔軟性がデジタル文化と融合して、これまでに見たことのないような変化を引き起こしています。レベッカ・フライさんのようなロータリアンには学ぶところが大いにあります。まだ31歳ですが、ロータリーでの経験はすでに15年というベテランです。

「ロータリーは、世界を変えるための素晴らしいプラットフォームだと思います。最大の影響をおよぼすには、人びとが世界に変化を起こすための力を彼らに与えることだと私は信じています。RYLAとローターアクトで、そして今、新しく設立したEクラブであるソーシャルインパクトネットワークの初代会長として、リーダーシップについて学んできました。

新クラブ創立のカギは、ロータリープログラムの学友に働きかけることです。ローターアクターなどの学友には、ロータリーに入りたいと思っていても、自分に合ったロータリークラブが見つからない人もいる、ということはうちのクラブが証明しています。23歳から41歳の会員が31名いますが、そのほぼ全員がロータリープログラムの学友です。

大事なのは、プライベートや仕事上の目標にロータリー活動を組みこむこと。このクラブを創立するにあたって、会員にとっての価値に重点を置いた、会員に合わせた新しいクラブのモデルを確立することにしました。また、ロータリー親睦活動やロータリー行動グループなどの国際的パートナーシップを生かして、クラブを超えた活動ができるようにしました。

24時間体制で会員の関心事に応えられるように、Microsoft Teamsを使ってオンラインで例会やプロジェクトの大半を行っています。これはまた、会員があるひとつの地域に限定されないということも意味します。会員の多くがオーストラリア在住ですが、中にはドイツ、イタリア、メキシコ、タンザニア、米国在住の会員もいます。

そして、プロジェクトの影響を測ることも非常に大事です。今年のPlastic Free July(プラスチックを使わない月間)では、プラスチック使用を減らすために一人ひとりができることを伝える意識向上キャンペーンを実施し、6,000人以上に働きかけました。どこでも誰でも参加できる、たしかな成果が得られるプロジェクトです。うちのクラブを通じて、人びとがともに新しい類のロータリー体験を得ていることを誇りに思っています。今後のことを思うと楽しみで仕方ありません」

どのロータリークラブも、レベッカさんのクラブのように変革的なクラブになることができます。クラブを信じて、彼らに学び、支援しましょう。ロータリーの変化は草の根レベルで起こります。変革を推しすすめるのはクラブです。クラブが、新しいロータリーのありかたを見つけていくのです。

変化は絶え間なく起こり、多くの分野でまだやるべきことがあります。さまざまな背景を持つ人びとの貢献を称え、少数派の人びとを応援し、彼らが会員やリーダーとしてロータリーに参加する機会を増やしていくのは重要なことです。

ロータリーがより多様な人びとを歓迎し、より重要な存在となり、誰にとってもより一段と楽しい活動になるようにするためのツールなら、私たちの手中にあります。今こそそういうツールを活用しましょう。そうすれば、ロータリーは私たちにも、そしてまだロータリーを知らない人びとにも、機会の扉を開いてくれるのです。

ガバナー公式訪問レポート #9 五城目 8/20

ガバナー公式訪問レポート 五城目ロータリークラブ

  • 日時:2020年8月20日(木)11:15~
  • 会場:グリーンロイヤル丸富
  • 会長:原田啓蔵
  • 幹事:八木下真全

2020-21年度ガバナー公式訪問はガバナー工藤智経様、ガバナー補佐岡正英様、地区副幹事野口和哉様、地区財務委員長乳井仁様、をお迎えして開催されました。

当クラブからは原田会長に代わり今村龍雄副会長、八木下幹事の2名で面談をいたしました。面談では五城目ロータリークラブの活動内容について意見を交わしました。堅調な奉仕活動、地域への貢献活動についての協議や会員増強に向けてのアドバイスをいただきました。

引き続き行われた例会では工藤ガバナーより、ロータリーの魅力を高めるためにロータリアン自らロータリークラブについて考え、語り、社会に発信することを実践することが重要であり、その結果魅力が高まることにより会員の増強に結び付くというお考えを示していただきました。

また、地区副幹事野口和哉様、地区財務委員長乳井仁様よりご講話をいただき地区方針についてのご説明をいただきました。

当クラブにおいてもガバナーの方針の下益々活動に尽力してまいりたいと思います。大変有意義な機会となりましたこと感謝申し上げます。

ガバナー公式訪問レポート #10 大曲南 8/27

8月27日(木)大曲エンパイヤホテルにおいて,工藤智教ガバナー,橘百合子ガバナー補佐,同行者の加藤博司様をお迎えしてガバナー公式訪問が行われました。

1.面談(11時00分~12時00分)

ガバナー,ガバナー補佐と会長,幹事で行いました。

会長よりクラブの現況と今年度の活動方針および計画についてご説明した後,ガバナーより活動計画の内容や会員増強への取組み等についてご指導・ご助言をいただきました。

2.例会(12時30分~13時30分)

RIホルガ―・クナーク会長からのメッセージを視聴後,ガバナーからの講話をいただきました。講話では,「まずは元気を持ってもらいたい。輝いて見えれば会員になってみようという人も出てくる。」,「例会が大事である。機会の扉を開くチャンスになる。親睦の話だけでなく,ロータリーや奉仕活動などの話をして,勉強もしてもらいたい。」などのお話をいただきました。
また,同行者の加藤様から地区大会のPRをしていただきました。

ご多忙のところお越しいただいた工藤ガバナー,同行者の加藤様に心より感謝申し上げます。今回いただいたご指導・ご助言を今後の活動に活かしてまいります。

ガバナー公式訪問レポート #11 潟上 9/1

9月1日、ガバナー公式訪問の日で、会場は道の駅ブルーメッセ会議場です。RI会長のメッセージを映すためのプロジェクターの準備をし、10時45分から面談が始まりました。

工藤ガバナー、岡ガバナー補佐と当クラブ今年度昨年度の会長幹事の6名での面談でした。当クラブの現状を把握し、今年度RIと2540地区の方針をお聞きした後、会長幹事の考え方を伝えました。

12時よりブルーメッセレストラン花の大地で、斎藤地区拡大増強委員長、桑山ロータリーの友委員長も交えて参加会員と談笑をしながらの和やかな昼食会があり、13時から例会が開会されました。

RI会長のお話を映像で聞くことで、大変わかりやすく考え方を知ることができたと思います。その後、ガバナーの地区方針で、これからのロータリアンの在り方とロータリーがどうあるべきかをお聞きし、行動指針を会員全員が共有できました。続いて、拡大増強委員長、ロータリーの友委員長からのお話も伺うことができました。

13時45分頃に例会を閉じましたが、大変有意義な時間を過ごすことができたと思います。誠に有難うございました。

2020年9月1日
潟上ロータリークラブ会長 千田清隆

ガバナー公式訪問レポート #12 湯沢 9/3

ガバナー公式訪問報告書
湯沢RC 会長 近江佳弘

本年度のガバナー公式訪問は、9月3日例会場の湯沢グランドホテルに於いて、工藤ガバナー、明石地区幹事をお迎えして行われました。

会長幹事面談では、クラーク国際ロータリー会長の4項目のメッセージをご紹介いただき、なかでも会員拡大については、工藤ガバナーのスローガンにもあるように自分が体験し感動したことを多くの人に語りロータリーに興味を持って頂くことが第一歩、そして理解を頂き入会してもらった新会員にはクラブを飽きさせないように指導しフォローして行く事が非常に大事なこと、またローターアクトクラブの立ち上げの重要性についてもお話を頂きました。活動計画書の中の、長年の事業であります中学生に向けた「少年の主張コンクール」の主催、高校生への奨学金贈呈、海外からの方々への識字率向上への支援等、当クラブ独自の活動について教育に熱心なクラブとお褒めをいただきました。

面談の終わりに近江さんは何でロータリーに入っているのと問われ、入会20年なりますが、自分みたいな者でも辞めないで居るのは自分で気が付かないロータリーの魅力があるからだと思いますとお答えしました。工藤ガバナーはロータリーには人に頼まれたら断らないと言うルールが有りますよね、これはその人に勉強の機会を与え、人間を育ててくれることですよと教えて頂き、この教えを大事にしてクラブ会長の任に就かせて頂いたことに感謝し最後まで頑張りたいと思います。

最後になりますが地区大会が無事開催されることを祈念して、工藤ガバナー公式訪問のお礼に代えさせて頂きます。

【NEW!】私のロータリーを語ろう

大館RC 伊藤碩彦

新シリーズの第1号に寄稿させて頂き大変光栄に存じます。しかし、果して自分が良きロータリアンかと言えば、ほとんど自信はありません。26歳から78歳の今日まで、6年間ほど体調不良で一時退会はしましたが、延べ半世紀近く在籍したことになり、長いだけが取り柄です。

その間長期に亘って欠席するスリーピングも何度かありましたし、辞めようかと思った事も一度や二度ではありません。ただ、どういう訳かまた戻って例会で会員たちと顔を合わせ、とりとめのない会話をしたり、外部のゲストの話を聞いたりするのが楽しかったし、居心地が良いのです。そして地域社会と繋がっている実感があります。最近はボケ防止にもなっているようです。

私自身には一つのこだわりがありまして、少子高齢化や人口減少でだんだん元気が無くなって行くこの地域を何とかしたい、そのためには経済活動が活発になることだ、ロータリーがその役に立つのではないか、と思ってきました。

ロータリーには職業奉仕という活動があります。しかし社会奉仕とどう違うのかあまりはっきりしていないような気がします。私の考えでは、分りやすく言えば理容師さんが福祉施設へ行って無料で整髪するのは社会奉仕、職業として通常の料金を頂くのは職業奉仕だと思います。

つまり正当な報酬を頂いて自分の職業に従事し、その結果として客に満足して貰い、事業が発展するならばそれは社会に貢献していることになり、立派な職業奉仕です。嘘をついて商品を販売したり、取引先をいじめて利益を増やそうとしたりしても長続きはしません。

近江商人の商売繁盛の心得は「売手良し、買手良し、世間良し」だそうです。ロータリーの「四つのテスト」も同様ですね。職業奉仕の精神でビジネスを行えば成功の可能性は大きく広がるのではないでしょうか。

2012-13年度、玉木ガバナーの時に経済活性化プロジェクト委員会を作り、委員長をやらせて頂きました。それから3年間(4年目は職業奉仕委員会で)、地区内の頑張っている企業や団体に、県北、中央、県南それぞれのIMで毎年数社ずつその活動を発表して貰い、優秀な活動については地区大会で表彰する企画を行いました。

その内容は委員の一人である有田正司氏(秋田西)が編集し、立派な小冊子とCDにまとめることが出来ました。ロータリアンとしての私にとって最も充実した時期でした。

【2020-2021年度】国際ロータリー第2540地区 地区大会のご案内

【2020年度】国際ロータリー第2540地区 地区大会のご案内

【2020年度】国際ロータリー第2540地区 地区大会のご案内

【2020年度】国際ロータリー第2540地区 地区大会のご案内(PDF版)

新会員紹介

花輪RC 畠山 崇

職業分類:土木業
勤務先:誠栄建設(株)
役職:代表取締役
紹介者:阿部秀一

秋田東RC 保坂 英明

職業分類:地方銀行
勤務先:(株)秋田銀行
役職:本店営業部長
紹介者:吉田 進

大曲南RC 大岳康広

職業分類:電気工事業
勤務先:(株)ユアテック 大曲営業所
役職:所長
紹介者:吉田 博幸

横手南RC 高橋 司

職業分類:農業団体
勤務先:秋田ふるさと農業協同組合
役職:代表理事専務
紹介者:小山誠一・佐々木正義

PHF・MPHF

布袋屋 寛
表彰部類:MPHF 2回目

大館RC
1995年8月9日 入会
2001-2002 幹事
2007-2008 会長
2014-2015 幹事

石川 博司
表彰部類:PHF

大館RC
2014年5月7日 入会
2018-2019 幹事

小林 裕
表彰部類:PHF

秋田RC
2013年7月 入会
2020-2021 ロータリー財団委員長

清水 世紀
表彰部類:MPHF

本荘南RC
1992年5月 入会・チャーターメンバー
2003-2004 会長
2007-2008 会長
2011-2012 会長
2014-2015 ガバナー補佐・PHF
2018-2019 会長

ガバナー月信2020年10月号(PDF版)

ガバナー月信2020年10月号(PDF版)

事務局だより

公式訪問日程

  • 10月 1日(木) 鷹巣RC / ふれあいプラザ コムコム
  • 10月 5日(木) 秋田東RC / 秋田ビューホテル
  • 10月 6日(金) 花輪RC / ホテル茅茹荘
  • 10月 8日(火) 十和田秋田RC / ホテル鹿角
  • 10月13日(木) 秋田西RC / パーティーギャラリーイヤタカ
  • 10月14日(金) 角館RC / グランデールガーデン
  • 10月15日(月) 田沢湖RC / 割烹 桃屋
  • 10月20日(火) 矢島RC / 矢島福祉会館
  • 10月23日(木) 秋田中央RC / ホテルメトロポリタン
  • 10月26日(木) 大館中央RC / プラザ杉の子
  • 10月29日(火) 大館RC / ・大館北RC・大館南RC / バーリーズクラブ

新シリーズ「私のロータリーを語ろう」

本号より新シリーズ「私のロータリーを語ろう」が始まりました。第1回目は大館R Cの伊藤碩彦会員です。商人として、そしてロータリアンとしての心構えやその歴史は読み応えがあります。今後も各号1人ずつ登場していただく事を考えていますので、この人のお話が聞きたい、という推薦があれば事務局までご連絡下さい。

日本のロータリー100周年記念切手発売

日本のロータリー100周年記念切手が9月18日より発売されております。

東京ロータリークラブが設立され、日本で活動が始まりまして100年を迎える記念行事の一環として発行されることになりました。1シート840円、お近くの郵便局でお買い求めください。

日本のロータリー100周年記念切手

1シート 840円

発行日 9月18日(金)

2020-2021年度 8月度会員数出席率

ロータリーの友
ロータリー文庫