ロータリーレート2020年4月のレート

1ドル
108

ロータリアンの皆様

秋田でも春本番の季節となってまいりました。花が咲き、新緑の美しい季節、我が秋田は田舎と言われますが、そんな自然に恵まれた素晴らしい地域です。

それにしても、まだまだ新型コロナウイルスが猛威を振るっています。これについては、症状が出ないうちに人にうつすとか、一回症状が出て、陰性になり直ったはずなのに、又、症状が出たなど、免疫ができないような話もあります。中々、治療薬・予防ワクチンが出来てこないのが非情に怖いところです。
このまま、このウイルスが猛威を振るっていると、日本だけでなく世界中の経済活動が落ち込みます。ロータリーにとってもハワイの国際大会が中止され、例会や様々な会議の中止・延期です。一日も早い終息が望まれます。皆様、正しく理解して、手洗い、うがいそして体調管理にしっかり努めましょう。
ただ、学校の閉鎖はとりあえず終了し、新学期が始まるようでよかったです。

ところで、4月は母子の健康月間です。
今の日本においては、お産の時に母親が亡くなることは、ほとんどなくなりました。母親が出産で死亡するリスクは、世界平均で50人に1人と言われており、2017年には生後1ケ月以内でなくなる子供は、260万人でそのうち100万人は生まれた当日亡くなっているのです。日本では、乳幼児の生後1ケ月以内の死亡率は1,000人当たり0.9人と世界最低です。特にパキスタン・アフガニスタンのポリオがまだなくららない国において、1,000人当たり40人以上の死亡率です。これは、きちんとした産前・産後のケアが受けられないことが大きいのです。以前、ネパールから看護師の皆様が秋田に来て、特に妊婦のケアなどについて、日赤において研修を受け、現地に帰ってから様々な医療機関などで、その成果を実行し母子の健康に大きな貢献をしていると伺いました。
そして、日本においては母子手帳の存在も大きく、現在インドネシアがこれを取り上げ、パレスチナやアフガニスタンなどへの導入を呼びかけているようです。

そして我々の地区の目標としての「風疹ゼロ」運動、これこそ、正に母子の健康に対する予防運動です。皆様の会社での特に男性中堅社員の皆様のクーポンを使っての風疹の抗体検査、そして予防注射をやるように啓発していただいているでしょうか。今年度、先天性風疹症候群(胎児のときに風疹に罹り先天性の病気を持って生まれる)の赤ちゃんが、日本で4例出てしまいました。ロータリーが根絶に力を入れているポリオもそうですが、我々が予防接種をすれば防げる病気は何としてもなくしたいものです。人口減少の秋田県にとって、健康な赤ちゃんの誕生、そして母子が健やかである事が何よりも望まれます。

嶋田ガバナーより

マーク・マローニ―RI会長より、ロータリーファミリーの皆様へメッセージが送信されております。是非ご覧下さい。

マーク・マローニ―RI会長のメッセージ

※国際ロータリー日本事務局 | クラブ・地区支援室より、オンラインミーティングのご紹介を含めましたメッセージをお送りさせて頂きます。
Tel 03-5439-5800
クラブ・地区支援室より

ロータリーボイス – 新型コロナウイルス流行の中でロータリーに参加しつづける方法

ロータリー グローバル リワード(オンラインミーティングツール『Zoom』の割引)

RI会長からのメッセージ

2020年4月
私は家族についてよく考えます。自分の家族やロータリーファミリーについてだけではなく、私たちが奉仕する地域に暮らす家族のことも。世界各地で母子が生き残るために直面している難題は、私たちの大半が一生理解することもできないものなのでしょう。世界保健機関(WHO)によると、低所得国の女性が妊娠・出産、または関連した原因で死亡するリスクは、高所得国の女性の120倍だそうです。乳児死亡率が世界中で下降しているのはよい知らせですが、それでも、この世に生を受けて1年以内に400万人の乳児が毎年命を落としています。

4月はロータリーの母子の健康月間です。私たちに何ができるかを考えるとき、カラバルサウスCB・ローターアクトクラブ(ナイジェリア)などのクラブがインスピレーションを与えてくれます。カナンシティ・ローターアクトクラブと提携して、乳児の死亡を防止し、母子の産後の健康を向上させるベストプラクティスを母親に教えるためのプログラムを実施しました。バングラデシュでは、ダッカノース・ロータリークラブが出産にまつわる医療費を支払えない妊婦に無料で診療と医薬品を提供しています。ideas.rotary.orgには母子を救うためのプロジェクトがほかにも掲載されています。ぜひ参考にしてください。

私たちはまた、紛争、貧困、災害で、この10年間に何百人もの人びとが住居を失う姿を目の当たりにしてきました。グローバルな難民危機に瀕して、ロータリーは手をこまぬいていたわけではありません。

昨年11月の国連ロータリーデーでは、難民コミュニティを援助するために行動を起こしたひとりのロータリー平和フェローと5人のロータリアンが表彰されました。モントレーキャナリーロウ・ロータリークラブ(カリフォルニア州)のイルゲ・カランカック・スプレインさんはそのうちのひとりです。トルコの難民キャンプを訪ねた彼女は、難民キャンプでテント暮らしをする人びとのために1,000組の子ども用靴と靴下を集めるロータリープロジェクトを指揮し、のちには難民の子どもたちの教育を支援するグローバル補助金プロジェクトを率いました。3月には、私は妻のゲイとともにトルバルの難民キャンプを訪れ、トルコとカリフォルニア州のロータリアンたちがシリア難民のために行っている素晴らしい活動の成果を目にする機会を得ました。

母子、そして難民コミュニティが世界中で直面する艱難には目を覆いたくなります。しかし、ロータリーの一番の強み――ロータリーは世界をつなぐということ――を忘れなければ、解決策を探し出すことができます。創造性、リソース、熱意、そしてこのネットワークをもってすれば、ロータリーはこういった問題にも対処する機会の扉を開くことができるのです。

新会員のご紹介 ようこそロータリーへ

花輪RC

菅 原 史 明

職業分類:電気工事・家電販売
勤務先:菅原電気(株)
役 職:代表取締役
紹介者:小田嶋 伸一
入会日:3月3日

湯沢RC

佐 貫 友 洋
職業分類:銀行業
勤務先:(株)秋田銀行 湯沢支店
役 職:支店長
紹介者:小田原 豊満
入会日:3月16日

米山功労者

秋田ロータリークラブ
鈴 木 茂 雄

ロータリー歴
1974年 1月 9日 秋田ロータリークラブ入会
2009-2010年 秋田ロータリークラブ会長
米山功労者
マルチポールハリスフェロー

物故者紹介 心よりご冥福をお祈りいたします

湯沢ロータリークラブ
中川 秀 悦

ロータリー歴・その他・入会年月日
1994年7月入会
2013-14年度 クラブ会長
ロータリー財団 MPHF 5回目
ロータリー米山記念功労者マルチプル2回目
ご逝去:2020年3月13日(享年76歳)

大館北ロータリークラブ
門 間 正 志

職業分類:歯科
ご逝去:2020年3月24日

ガバナーコーナー

私の猫のコレクション

陶器のペア猫
2匹の猫が見つめあっている感じで、気に行っています。以前飼っていた、チャオ(雄)とグレース(雌)のペアを思い出します。
※昨年、桜の咲いているころ草生津川に掛かる橋の欄干の上に置いて撮影

私の本棚

「ハリーポッター」シリーズ

是非、子供たちに読んでほしいのですが、そのシリーズ全部読み切る子供たちが少ないのが、残念です。大きなブームになりましたが、読んだ人はみな大人かな。大人の童話だったのでしょうねぇ。いい大人になってから、箒で空を飛びたくなりました。

表紙を飾ってくれた津谷裕貴氏のプロフィール及び写真集

津 田 裕 貴 プロフィール・写真集

5月の野鳥
<ヒヨドリ>
全長27.5cm。全体が灰色に見える色彩の鳥です。
虫や草の葉、芽も食べますが、花が咲くと蜜を吸いにやってきます。ボサボサ頭に茶色いほっぺ。

2019-2020年度 2月 会員数・出席率報告書 

ロータリーの友
ロータリー文庫