湯沢ロータリークラブ 概要

会長(2020~2021年度)

近江 佳弘

幹事(2020~2021年度)

松田 圭司

創立年月日

1957年2月14日
創立順位 国内199番目

承認年月日

1957年3月11日

チャーターメンバー

29名

スポンサークラブ

秋田ロータリークラブ
山形ロータリークラブ
大館ロータリークラブ

会員数

62名(2020年7月1日)

クラブ所在地

〒012-0845
湯沢市材木町1-1-57
TEL:0183-56-8150
FAX:0183-56-8151

例会場

〒012-0845
湯沢市材木町1-1-1
湯沢グランドホテル
TEL:0183-72-3030

例会日

毎週木曜日
12時30分~13時30分

2020~2021年度 会長方針

 1957年創立の歴史ある湯沢ロータリークラブの65代目の会長を拝命致しました近江です。小田原豊満パスト会長が会長の年度に入会させていただいてから20年目になる節目の年に会長を就任させていただけるというのは大変光栄であります。本来であればオリンピックイヤーでさらに盛り上がるはずの年度でありましたが、新型コロナウイルスの影響で来年に延期になり、ロータリークラブ活動も地区での会議等が中止、延期、規模縮小の開催となりました。5月31日にようやく会長エレクト研修セミナー/地区研修・協議会が同時開催されクラブからは伊藤壽々雄パストガバナーと二人だけの参加となりました。研修を受け改めて自分のロータリーへの認識不足を確認させられてきました。高橋厚二パスト会長はそれをご存知で私を会長に(もう一度ロータリーを勉強しろと)後押ししてくれたのかもしれません。本当に感謝しております。
 今年度のホルガー・クナークRI会長のテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」であり、2540地区工藤智教ガバナーのスローガンは「私のロータリーを語ろう」であります。工藤智教ガバナーは、ロータリーとは1つは親睦、2つ目は寛容である事とおっしゃっています。寛容とは心が広く人の過ちを赦すこと、広い心で人の言うことを聞き入れることです。感動を受けて自分の向上を図ることがロータリーアンであり、自分が受けた感動を多くの人に話すことで繋がりが出来、広がりが出来る事でロータリーの支援者、協賛者が増えます。これが工藤智教ガバナーのスローガンでもあり、ホルガー・クナークRI会長のテーマにも繋がっていると思います。
 当クラブも親睦活動を活発に行いそこからいろいろな情報を得て様々な奉仕活動等を通じて会員拡大に繋がる年にしたいと思います。それにはクラブ会員皆様のご指導、ご協力が必要です、汗をかきかき1年間頑張りたいと思いますので宜しくお願いいたします。

2019-2020年度 湯沢RC ホームページ

2019-2020年度 湯沢RC ホームページ