秋田北ロータリークラブの活動案内

秋田北ロータリークラブ 概要

会長(2019-2020)

小南  淳

幹事

小松  貴

創立

1970年 9月15日

承認

1970年10月 7日

認証伝達式

1971年 3月14日

チャーターメンバー

25名

スポンサークラブ

秋田東ロータリークラブ

クラブ所在地

秋田市中通一丁目3-5
秋田キャッスルホテル

会員数

48名(2019年8月末現在)

平均年齢

58.47歳

事務局

秋田市中通一丁目3-5
秋田キャッスルホテル 3F

電話

018-833-4147

FAX

018-831-7301

E-mail

akita-n@lilac.plala.or.jp

例会場

秋田キャッスルホテル

例会日・時間

火曜日12時30分(第5週18時30分)

2019年~2020年度 会長の方針

秋田北ロータリークラブ
会 長  小 南  淳

2019年~2020年度、秋田北ロータリークラブ第50代会長を務めることとなりました。輝かしい歴史と伝統あるクラブの重責を仰せつかり身の引き締まる思いです。
今年度、当クラブから土方文夫ガバナー(1994~1995)以来、25年ぶりとなる嶋田康子ガバナーを輩出することとなり、地区運営はもとより各種大会の開催など、会員一丸となって協力していく所存です。
更に、1970年秋田東ロータリークラブをスポンサーとして誕生した私共秋田北ロータリークラブは、来年創立50周年を迎えます。当クラブを創設から今日まで作り上げて下さった先輩諸兄と新たなメンバーと共に、次代に繋がるクラブ運営を心掛けたいと思っております。 会員皆様方のご指導、ご支援、ご協力をお願い申し上げます

【クラブ目標】

  1. 国際ロータリー第2540地区主要行事への全面支援
  2. 会員増強
    ・老若男女問わず4名の会員増を目指します。
  3. 「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブつくり
    ・クラブで議論する日を作ります。(テーマ問わず)
  4. 職業奉仕・社会奉仕・地域を愛し、社会に奉仕するために
    ・風疹ゼロ運動の啓発・自殺予防対策への協力を行います。
  5. 米山記念奨学生への支援と理解 
    ・韓国出身 金 在元(キムジェウォン)さんをお世話いたします。
  6. クラブ創立50周年へ向けての準備・推進
画像:秋田北ロータリークラブの集合写真
2019年6月25日撮影

クラブ例会の紹介

今月のお花

秋田北ロータリーでは、3年ほど前より毎月の第一例会に「今月のお花」ということで。季節の花・珍しい花をテーブルに活けております。
秋田北Rの会員である「フラワーおの」小野 貴信さんの選りすぐった花で、会員の目を楽しませ例会場がとても和んだ雰囲気になります。

7月の花 薔薇
小南会長の前途を祝して薔薇を飾りました。
ピンクの薔薇の花言葉は「感銘」「しとやか」「上品」です。

8月の花 スプレーバラとスモークグラス
 バラは普通、一輪に1つの花ですが、スプレーの品種は一輪が枝分かれるので、一輪でたくさんの花を楽しむことができます。
 花言葉は「愛・君のみが知る・温かい心・一時の感銘です。」
 スモークグラスは、ほうき状に広がる細かい花穂を着けるイネ科の植物です。フワフワと揺れる葉が特徴的で、夏の暑い時期には涼しげな印象を与えます。

9月の花 アンスリューム
 サトイモ科のアンスリュームです。アンスリュームの仲間は、熱帯アメリカから西インド諸島の約600種が分布します。美しく着色するのは仏炎苞(ぶつえんほう)と呼ばれる部分で、花はひも状の部分(肉穂花序:にくすいかじょ)に多数つき、小さくて目立ちません。
長期間楽しめる苞を鑑賞する鉢花として栽培されるほか、観葉植物として楽しむ種類もあります。

10月の花 アルストロメリアとワックスフラワー
花束やフラワーアレンジに多く利用されます。花色が豊富で、色鮮やかなものからパステル調やシックな感じのものまで、多彩でエキゾチックな花です。
ワックスフラワーはオーストラリア原産の小低木で、赤や桃、白花をつけます。花の質感がロウのようで光沢があるので、ワックスフラワーという名前がつきました。

11月の花 ストック
花には独特の芳香があり、切り花としても広く栽培されている草花です。
ストックは色によって花言葉が違いますが、全般の花言葉は、「永遠の美」「愛情の絆」「求愛」などです。

12月の花 カラー
切り花や鉢植えとして広く栽培されています。
花色は、赤、オレンジ、黄、ピンク、白、紫など多彩です。
花言葉は「華麗なる美」「乙女のしとやかさ」です。

1月の花 ピンポンマム
ころんとした丸い形がかわいらしい菊の仲間です。
丸くて愛らしいシルエットと、小さな花が集まって咲く精巧な様子から、「高貴」「真実」という花言葉がつけられました。また、「君を愛す」「私を信じて」という花言葉から、花嫁のブーケにもよく用いられます。

2月の花 スイトピー
マメ科の草花で、すっきりとした良い香りがします。
花色は白・ピンク・紫・イエロー等とてもたくさんあります。スイトピーは花の形が蝶の飛び立っている姿に似ていることから、花言葉は「ほのかな喜び」「優しい
思い出」「門出」「別離」等別れを思わせるものが多いです。

早朝例会 8月

第2355回例会 2019年8月27日(火) 6時~

八月の最終例会は、浄弘寺(矢田会員)での早朝例会が恒例となっております。今年も8月27日午前6時開会です。その後秋田キャッスルホテルでの朝食会となります。
<歴史>
2001年から早朝例会として始まりました。1988年には職場訪問例会として開催された記録があります。その後、2000年までに2回ほど「朝がゆ例会」として行っており、その後定例となりました。

矢田住職の「ありがたいお話」

後光ではなく、朝日が差し込んでいます

瞑想の時間

皆さんで一緒にお経を唱えております

9月 創立記念家族会

第2358回例会 9月9日(火) 18時30分~
 秋田北クラブの49周年となり創立記念家族例会が開催されました。

会員スピーチ

第2358会例会 2019年9月17日(火)

当クラブ最高齢の伊勢 準造税理士よりスピーチ頂きました。
昭和20年終戦当時の筑波海軍航空隊時代の体験や日本国憲法までお話しされました。「今はそんな息苦しい時代でなく、自由が有り過ぎる位の日本の今日ですが、何と言っても、今日の日本は最高に幸せな国であると思います。どうかいつまでもこのまま平和な日本が続くことを、ただただ祈るばかりです。」と締めくくられました。

伊勢 準造会員
1931年生まれ 87歳
ロータリー歴 48年

いつまでもお元気で、私どもに蘊蓄のあるお話をお聞かせ下さい。

職場訪問例会

2019年11月26日(火)
訪問先:秋田市雄和 秋田県動物愛護センター「ワンニャピアあきた」
「ワンニャピアあきた」の事業は、動物好きな佐竹知事の肝いりで出来ました。令和元年7月グランドオープン。センターは、犬20匹、猫50匹が収容でき、日本最大級のキャットタワー(高さ6.5m)があり、建物はCLT(クロス ラミネイティド ティンバー)直交集成材の構造的活用を図った秋田県で初となる建物です。
この施設の設計・施工には、当クラブの会員企業の関わりが深い建物です。

※「ワンニャピアあきた」のチラシから
「ワンニャピアあきた」は、新たな飼い主を待っている犬や猫との出会いの場で、同居している動物との生活上のアドバイスや、健康相談などにも応じます。また秋田犬をテーマにした、秋田の魅力発信などにも取り組んでいます。皆さんのご来場をお待ちしております。

クラブ週報の紹介

第2351回例会 2019年7月23日 週報

第2353回例会 2019年8月6日 週報

周年記念事業

10周年 1980年 9月15日 三浦金治郎会長 記念演奏会「明日の風」
20周年 1990年 9月15日 野口伸治会長  記念演奏会「オルガンはオーケストラ」
                 ホーム“光峰苑”に、あづまや“鶴乃木亭”を贈呈
30周年 2000年 9月15日 竹屋直太郎会長 記念演奏会 N響メンバーによる
40周年 2010年10月25日 湊 昭策会長 記念トークショー 秋田とスポーツを語る

活動写真


RI認証状 クラブバナー

RI認証状 クラブバナー

創立総会 1970.9.15

認証伝達式1971..3.14

10周年 1980.9.15

20周年 1990.9.15

創立40周年 2010.9.25